経済協力開発機構(OECD)は31日、2021年の世界経済成長見通しを前回の+5.6%から+5.8%に上方修正したほか、2022年を+4.0%から+4.4%に上方修正した。また、2021年に関して、米国は+6.5%から+6.9%、ユーロ圏は+3.9%から+4.3%へそれぞれ引き上げた。