NYタイムは米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表が予定されている。前回6月会合の議事要旨で優位な意見と判明した目標達成重視型(outcome-based、失業率や物価水準を一定の水準に到達させるまで継続)フォワードガイダンス導入の有無などが注目となる。 次回9月15-16日会合まで少し感覚が空くため、予防的な意味もあ…