NYタイムは、9月米卸売物価指数(PPI)や米失業保険関連の数値が発表となる。昨日は米消費者物価指数(CPI)が強めな結果となって、米金利の上昇が先行してドルが一時買われたこともあり、本日のPPI後の動きも注目となる。しかし、昨日の米金利やドルの上昇が一過的であったことから、本日PPIが多少強めでも、継続的なド…