本日のNY為替市場のドル円は、米国10月の小売売上高や鉱工業生産やFRB高官の発言を見極めながら、トランプ米大統領によるイラン攻撃検討報道の続報に警戒する展開となる。 10月米小売売上高の予想は、前月比+0.5%、10月米鉱工業生産指数の予想は前月比+1.0%と見込まれており、新型コロナウイルス感染拡大下での米国の…