NYタイムは、対欧州通貨や資源国通貨に対するドル売りが一服も、米長期金利が1.3%近辺でやや動き重くしていることもあり、ドル円は105円台で戻りが鈍い状態が続くか。 米追加支援策を受けた経済回復への期待が長期金利上昇を後押しする大きな要因だが、金利上昇が回復の流れを阻害することを警戒して、米当局が金利の急…