NYタイムのドル円は、7月の月末スポット応当日を過ぎた本日も駆け込み的な調整フローで不安定に上下しつつ、4−6月期国内総生産(GDP)速報値など米経済指標の強弱をにらみながら重く推移しそうだ。 GDPに関しては、前期比年率-34.5%程度の下振れが予想される。過去の数値であり、すでに多くの月次指標の急低下や反発を…