NYタイムは、ロンドンタイムに強まったポンド買いの影響を引き続き見定めることになるか。対ポンドでドル安・ユーロ安が進んで、ポンド高が英株を圧迫した一方、欧米株は関連通貨の割安感もあって底堅く推移しそう。ただ、英政策金利の見方については依然として不透明要素も多く、ポンド相場は不安定な振れをともない推移…