本日のニューヨーク為替市場では、まずは序盤に発表される6月米卸売物価指数(PPI)で足もとの物価動向を確認。その後はNY昼頃から始まる「米下院金融サービス委員会、パウエルFRB議長への質疑応答」を眺めながらの取引となりそうだ。 6月米PPIの市場予想は前年比+6.8%と前回+6.6%からやや加速する見込み。昨日発表さ…