本日のニューヨーク為替市場で、まずは8月ADP全米雇用報告を確認し、その後は米金利動向を眺めながら米NY連銀総裁の講演内容を見極めての取引となりそうだ。また、複数の英中銀高官や独連銀総裁の発言内容も注目される。 7月ADPは16.7万人増と予想120.0万人増を大きく下回り、結果発表後はドルの上値が抑えられた。今回の…