石油輸出国機構(OPEC)プラスは協調減産の緩和を3カ月から6カ月先送りを検討する可能性を示唆した。OPEC加盟国、非加盟国は17日に会合を予定している。当初は世界経済の回復を見込み、1月からおおよそ1日200万バレル生産を増加させる計画だった。NY原油先物は上昇。商品通貨も上昇した。ドル・カナダは1.3098カナダドル…