NY外為市場で追加緩和観測にユーロ売りが続いた。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁講がECBフォーラムでの講演で、12月の追加緩和の可能性を再確認。ユーロ・ドルは1.1746ドルまで下落後、50日移動平均水準の1.1772ドルでの攻防が続いた。100日移動平均水準の1.1696ドルが次のサポートとなる。