NY外為市場ではポンドの戻りが鈍い展開となった。英国の7月国内総生産(GDP)が予想を下回ったほか、英中銀の金融政策決定会合を来週に控えて、金利先安感に伴うポンド売りが継続。英中銀は来週の会合で金融政策を据え置く見込みだが、今後の追加緩和が示唆されるとの思惑が強く、さらなるポンド売り圧力になると見る。ポ…