NY外為市場ではイエレン財務長官が追加財出拡大によりインフレや金利が上昇する可能性を警告したためドル買いやリスク回避の動きが優勢となった。ドル・円は109円03銭まで下落後、109円42銭へ反発も上昇も限定的となり109円26銭でもみ合った。金利先高感に伴うドル買いと、リスク回避の円買いが交錯。ユーロ・円は131円15…