NY外為市場では長期金利の低下に伴いドル売りが優勢となった。10年債利回りは1.7%を割り込み1.68%まで低下。新規失業保険申請件数が前回から予想以上に増加し、再び70万件に戻ったことなどから雇用への過剰な楽観的見方が後退。ドル・円は110円75銭から110円55銭まで下落した。ユーロ・ドルは1.1740ドルから1.1768ドル…