NY外為市場ではドルが一段高となった。米雇用統計の発表を控え発表された先行指標の一つである週次失業保険申請件数が4週間ぶりに減少したほか、米国の債務不履行懸念が後退したことがドルのショートカバーに繋がった。また、メスター・クリーブランド連銀総裁のタカ派発言も手伝った。メスター総裁は、インフレ見通しを…