ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は「高インフレが想定以上の水準で想定以上に長期化した」と言及した。同総裁はハト派姿勢を保っていたが、高インフレの長期化を認めた。さらに、物価高でインフレ期待が2%超になる可能性を指摘し、2022年に2回の利上げを想定しているとした。10年債利回りは1.68%まで上昇後も1.67%の…