クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長はオンライン討論会において、雇用統計に失望感を表明も、弱い結果に驚かないとした。ウイルスの拡大で今後数カ月困難になるだろうと警告。量的緩和(QE)を巡り、「期間は回復ペース次第」との見方で、テーパリングを検討するにはかなりの時間がかかるとしている。さらに、現行の…