NY外為市場ではドル売りにさらに拍車がかかった。冴えない4−6月期国内総生産(GDP)や雇用関連指標を受けてリセッション深刻化懸念が強まり、米連邦準備制度理事会(FRB)が長期にわたり緩和策を維持するとの見方が強まった。米国債相場も経済封鎖直後の3月来の水準に上昇。利回りは低下した。ユーロ・ドルは1.1742ドル…