NY外為市場でドル・円は105円81銭まで上昇し昨年10月来の高値を更新した。重要な節目となる200日移動平均水準の105円52銭を上回り中期的な上昇基調入りした可能性もある。朝方発表された2月NY連銀製造業が予想以上に改善し米国債相場が続落。米10年債利回りはほぼ1年ぶり高水準となったことに伴いドル買いが強まった。さ…