米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事は講演草案で、経済や雇用が強いペースで回復しており、労働市場もFRBの目標である最大雇用に速やかなぺースで近づいているとの見解を示した。指標が金融緩和の速やかなペースでの解除を示唆していると言及した。理事のタカ派発言を受けて米国債相場は伸び悩み。10年債利回りは1…