NY外為市場では株安に連れリスク回避の動きが優勢となった。ドル・円は朝方発表された良好な経済指標を受け114円48銭まで上昇したが、その後、リスク回避の円買いや金利低下に伴いドル売りが優勢となった。ダウ平均株価は下げ幅を拡大し、一時277ドル安。米10年債利回りは一時1.61%まで上昇後、1.58%まで低下した。