NY外為市場でパウエルFRB議長の議会証言を控えてドル売りが続いた。ドル・円は110円40銭から109円97銭まで下落し12日来の安値を更新。ユーロ・ドルは1.1810ドルから1.1828ドルまで上昇した。公表された草案の中で、パウエル議長はインフレが顕著に上昇し、今後数カ月高止まりする可能性があるとしながらも、一過性の要因…