NY外為市場でドル・円は朝方心理的節目となる109円00銭まで上昇したのち、連邦公開市場委員会(FOMC)を控えたドル売りの流れを受けて108円70銭まで反落した。50日移動平均水準の108円43銭や、転換線の108円28銭がサポートとなる一方で、基準線の109円23銭がレジスタンスとなっている。ダウ平均株価は一時179ドル安となっ…