カナダ中銀は金融政策決定会合で、政策金利(翌日物貸出金利)0.25%と、国債購入政策を据え置くことを決定した。歴史的にも低金利を、経済の停滞が収まり、2%インフレ目標が持続的に達成されるまで、据え置く方針を再表明した。現在のペースでの国債購入公約を維持した一方で、「必要とあれば、さらなる刺激策を供給する…