米連邦準備制度理事会(FRB)は米連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通り政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.00-0.25%で据え置くことを決定した。また、月1200億ドルの資産購入規模を維持。さらなる著しい進展が見られるまで、国債購入ペースを維持する方針を再表明した。ただ、経済やインフレに関して…