「FX情報局」の記事一覧

アベノミクス相場を振り返り! 大胆な金融 政策で米ドル/円と日経平均はどう動いた?

■アベノミクス相場とは? 「アベノミクス」とは、2012年12月にスタートした第2次安倍内閣で安倍晋三首相(内閣総理大臣)が掲げた、「3本の矢」による経済政策のことを指します。  3本の矢はそれぞれ、第1の矢「大胆な金融政策」、第2の矢「機動的な財政政策」、第3の矢「民間投資を喚起する成長戦略」という政策内容で、特に、第1の矢「大胆な金融政策」は金融市場に大きな影響を与えました。 (出所:首相官邸)  アベノミクスを受けた金融市場の動きのことは、メディアなどでよく「アベ...

ツイッターなどのSNSツールでお気に入りの アカウントを見つけて、FXで活用しよう!

 普段の生活でも多くの人に活用されている、ツイッター(Twitter)などのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)ツール。特に、ツイッターは速報性に優れ、ニュースとの親和性も高いことから、金融市場や経済の動向、為替相場を動かす可能性のあるニュースなどを素早く知るのに、とても役立ちます。  ここ数年は、米国の第45代大統領ドナルド・トランプ氏が、政府の公式発表よりも先に、自身のツイッターアカウントからさまざまな情報を発信することもあったため、ツイッターは金融市場を変動させ...

円キャリートレードとは? リーマンショック時の 巻き戻しでは、円安から急速な円高に一転!

■円キャリートレードとは? 「キャリートレード(キャリー取引)」とは、一般に低金利の国の通貨で資金を調達し、より金利の高い国の通貨で運用することです。  主要国のなかで、日本は低金利状態が長く続いてきたこともあり、キャリートレードのなかでも「円キャリートレード(円キャリー取引)」が盛んに行われたことがありました。  円キャリートレードでは、低金利の円を借りて売って、より高金利の通貨を買うことで、両通貨の金利差が得られます。そして、さらに円安が進めば為替差益が得られるとい...

クリスマスや年末年始でFXの取引時間は どう変わる? フラッシュクラッシュに要注意!?

■クリスマスや年末年始は取引時間の変更に注意! 12月は別名「師走」と言いますが、お坊さんや先生が走り回るほど忙しくなる時期というのが「師走」の由来のひとつと言われており、年末のあわただしさにピッタリなネーミングですよね。  忘年会、クリスマス、大みそか、お正月など、年末年始はイベントが盛りだくさんなわけですが、この時期、どんなに忙しくてもFXトレーダーが忘れてはいけないのは「各FX会社の取引時間の変更」です。  日本では“正月三が日”がお休みの...

FXの取引時間は夏時間・冬時間で変わる。 月曜早朝3~4時から取引できるFX会社も!

■季節によってFX会社の取引時間は変わってくる 外国為替市場は土日を除いて24時間動き続ける、眠らないマーケットです。  月曜日の朝、日本時間早朝の時間に世界で一番早く始まる外国為替市場はニュージーランドのウェリントン市場。そして、これは豪州(オーストラリア)のシドニー市場に引き継がれ、さらに世界の三大市場である東京、ロンドン、NY(ニューヨーク)と続いていきます。  日本時間早朝に当たるNY市場の終わりが外国為替市場の1日の終わりです。そして、その次は翌日のニュージー...

マイナンバーは口座開設や確定申告で必須。 FX会社へマイナンバー未提出だとどうなる?

■FX取引を始めるにはマイナンバーが必要 FX取引を始める際、必要となるもの。そのひとつがマイナンバー(個人番号)です。  マイナンバーとは、国民一人ひとりに割り当てられた12桁の数字で、社会保障や税、災害対策にかかわる行政手続きの際などに提出が求められます。  それは、FXにも無関係ではありません。FX口座を新規開設する場合、運転免許証や保険証といった本人確認書類とともに、マイナンバー確認書類を提出する必要があります。マイナンバー確認書類を提出しないと、口座開設ができ...

FXの税金・確定申告のやり方は? 知っておきたい節税対策も解説!

 FXを始めたばかりの人やこれから始めようと考えている方に、ぜひ、知っておいてもらいたいのが、税金・確定申告に関すること。  年末調整(※)が実施されることで基本的に確定申告を必要としない会社員を含め、FXで一定の利益が出ると、誰でも確定申告が必要です。 (※年末調整とは、給与などから源泉徴収された所得税の過不足金額を計算し、余分な徴収があった場合は、その差額分を還付し、徴収額が不足していた場合は、その差額分を徴収する制度)  利益を申告せずに放置すると、あとでペナルテ...

チャイナショックとは? 中国発の 出来事で世界の金融市場が大混乱に!

 チャイナショック(中国ショック、中国危機)とは、中国を発端とし、世界の金融市場を大混乱に巻き込んだ出来事の総称です。  チャイナショックで有名なものとして、以下の4つの出来事が挙げられます。 チャイナショックで有名な4つの出来事 (1) 2007年2月27日(火)の上海総合指数の急落 (2) 2015年6月12日(金)からの上海総合指数の大暴落 (3) 2015年8月11日(火)の中国人民元の急落、およびその後の上海総合指数の大暴落 (4) 2016年1月4日(月)からの中国株...

PIIGS(ピッグス)とは? 欧州債務危機の 中心地。あまり使っちゃイケない言葉!?

 PIIGS(ピッグス)とは、2010年代前半ごろに起こった欧州債務危機の中心地とされた5カ国で構成された、ポルトガル(Portugal)・アイルランド(Ireland)・イタリア(Italy)・ギリシャ(Greece)・スペイン(Spain)の頭文字をとって作られた造語です。 【関連コンテンツ】 ●欧州債務危機とは? 欧州全土を揺るがした出来事を解説! ●ギリシャ危機とは? 欧州債務危機へと波及した経緯や終息までの過程を詳しく解説!  もともとは、南欧のポルトガル・イタリア・ギ...

米債務上限問題とは? 債務が上限に到達すると、どうなる…?

 米債務上限問題とは、米連邦債務、すなわち、米国(アメリカ)の連邦政府が国債を発行して調達する債務(借金)の金額が定められた上限金額に近づいたり到達したりすることで、米国の財政赤字拡大や、財政問題そのものが懸念される問題のことを言います。  米国では1917年に成立した関連法によって、米連邦債務(=国債発行金額)の上限が定められており、その上限を超えると、国債を新たに発行して資金を調達することができなくなります。そのため、米連邦債務が法定上限に達しそうになったり、達してしまった場...