「為替ニュース」の記事一覧

NY為替見通し=次第に米大統領選TV討論待ちか、米消費者信頼感指数の強弱には留意

ドル円は一時105.73円と15日以来、2週間ぶりの高値をつけてしっかり。期末の再投資フローを受けた株価反発にともなう動きや、クロス円の上昇に連れて円安推移となった。 クロス円の上昇は、豪利下げ先延ばし観測を受けた豪ドルなどオセアニア通貨のクロス円の動きも一因。英マイナス金利導入に対する否定的な見解を受け…...

ドル・円は上げ渋り、ユーロ・ドルは1.17ドル台回復

[欧米市場の為替相場動向] 欧州市場でドル・円は上げ渋り、105円60銭付近でのもみ合い。ユーロ・ドルは1.17ドル台を回復し、ドル・円を下押しした。豪ドルやNZドルなども対ドルで値を上げ、ドルはほぼ全面安となっている。その影響でクロス円も堅調だが、欧州株安で円売りは限定的のようだ。 ここまでの取引レンジは、…...

欧州外国為替市場概況・20時 ユーロドル、買い優勢

29日の欧州外国為替市場でユーロドルは買い優勢。20時時点では1.1698ドルと17時時点(1.1681ドル)と比べて0.0017ドル程度のユーロ高水準だった。 昨日から英マイナス金利導入に関する否定的な見解を支援に買い地合いを維持していたポンドは対ドル1.2888ドルで頭打ち気味。しかし、ユーロは対ポンドの買いもあって上値を…...

ユーロドル 1.1698ドルまで上昇、月末前日もフロー中心の動きに

ユーロドルは堅調に推移し1.1698ドルまで一時上昇している。ユーロの上昇に連れて豪ドル/ドルは0.7121ドル、NZドル/ドルは0.6594ドルまで上がっている。欧州株式市場は上値の重い展開が続いているが、株安のドル買いには傾かず月末のフローが中心の値動きになっている。 なお、ユーロポンドにも買いが入り0.9096ポンド…...

ドル・円は伸び悩み、ユーロ・ドルは1.17ドルに接近

[欧米市場の為替相場動向] 欧州市場でドル・円は伸び悩み、105円60銭付近でのもみ合いが続く。ドルのほぼ全面安を背景に、欧州通貨や資源国通貨は対ドル、対円で上昇基調に振れている。このうちユーロ・ドルは1.17ドルに接近し、ドル・円を下押し。ただ、ユーロは節目付近の売りで上値が重い。 ここまでの取引レンジは…...

ドル・円は上値が重い、ユーロ・ドルは一段高

[欧米市場の為替相場動向] 欧州市場でドル・円は上値が重く、105円70銭台から失速。18時に発表されたユーロ圏景況感指数は予想外に堅調な内容となり、ユーロ・ドルは1.17ドルを目指す展開に。その影響でドル・円はやや下押しされるものの、ユーロ・円の上昇がサポートしている。 ここまでの取引レンジは、ドル・円は105…...