チャート」の検索結果

NY為替見通し=米中関係やチャート要因の悪化でドル円はさえず

NYタイムのドル円は、6月米耐久財受注額(予想:前月比+6.8%/輸送用機器を除く前月比+3.6%)の結果をにらみつつの展開だが、戻りの鈍い状態が続きそうだ。 5月6日安値105.99円、6月23日安値106.07円といった下値の節目とされるポイントをブレークしたことで、チャート要因を主体に比較的短期なタームで売買を仕掛けるC…...

アルゼンチンペソって、どんな通貨? 為替チャート、関連記事などの情報集

 アルゼンチンペソ(ARS)は、南米大陸に位置するアルゼンチン(正式名称:アルゼンチン共和国)で流通している通貨です。  アルゼンチンペソ/円(ARS/JPY)の現在の為替レートと、過去の推移は以下のとおりです。 アルゼンチンペソ/円リアルタイムレート (出所:TradingView) アルゼンチンペソ/円週足チャート (出所:TradingView) #line-chart .tradingview-widget-container { margin:0 a...

新興国通貨の相場見通し、為替チャート、 スワップポイント比較などの情報集

 新興国通貨(エマージング通貨)とは、一般的に急速な経済成長を続けていたり、今後、大きな発展が期待できる新興国で流通している通貨のことを言います。  新興国通貨は、先進国通貨と比べて金利が相対的に高いことが多く、主にスワップポイント(スワップ金利)狙いの通貨として注目されることが多いです。また、外国為替市場での取引量の少なさから、比較的、値動きが大きくなりやすいという特徴があります。  FXでは、トルコのトルコリラ、南アフリカの南アフリカランド、メキシコペソのメキシコペ...

スワップポイントが魅力のメキシコペソ投資を 徹底解説。為替チャートからわかる見通しは?

[2020年4月9日(木)更新]  高いスワップポイント(スワップ金利)が狙える通貨として、人気が高まっているメキシコペソ。  少額から始められることもメキシコペソの魅力のひとつで、2020年4月上旬現在、メキシコペソ/円が4.40円で推移していると仮定すると、1万通貨を取引するのに必要な証拠金は1760円と、FX初心者でも気軽に始められる金額となっています。  仮に、メキシコペソ/円1万通貨あたりのスワップポイントが、1日12円だったとすると、年利に換算すれば、なんと...
チャートの見方 パラボリック

チャートの見方 パラボリック

パラボリック パラボリックは価格の値動きがその勢い(上昇する強さ、下落する強さ)を次第に弱くしてやがて「転換点」を迎える、という点に注目して考案されました。 マーケットの状況が変わる「転換点」を設定しておき、上昇トレンド […]
チャートの見方 RCI

チャートの見方 RCI

RCI RCIは、売られ過ぎなのか買われ過ぎなのかを見極め、売り買いのタイミングを判断するテクニカル分析です。 通常のチャート分析の多くは「上昇した値幅や率」、「下落した値幅や率」に着目しますが、RCIは一定期間の終値を […]
チャートの見方 一目均衡表

チャートの見方 一目均衡表

一目均衡表 一目均衡表は、都新聞の商況部長として活躍した細田悟一氏が、1936年に一目山人というペンネームで発表したテクニカル指標です。外国人トレーダーからも「Ichimoku」として親しまれ、「ローソク足チャート」とと […]
チャートの見方 ストキャスティクス

チャートの見方 ストキャスティクス

ストキャスティクス ストキャスティクスは一定期間の高値と安値を活用して、買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを判断します。現状の価格が一定期間の高値および安値と比較して、どの位置にあるかで算出されます。 ストキャスティクスに […]
チャートの見方 MACD

チャートの見方 MACD

MACD MACD(移動平均収束拡散手法)は短期の移動平均線と中長期の移動平均線を使用することで、買いと売りを判断する手法です。 ここで使用する移動平均線は通常の単純移動平均線と異なり、新しい価格のほうがより影響力が高い […]
チャートの見方 RSI

チャートの見方 RSI

RSI RSI(相対力指数)は、一定期間の相場における「値上がり幅」と「値下がり幅」を活用して、値動きの強弱を数値で表し、買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを判断する手法です。一定期間において、「上昇した日の値幅合計」と、 […]