21日のニューヨーク外為市場でドル・円は110円06銭から110円39銭まで上昇して引けた。新型コロナウイルス変異株への警戒感が後退し回復期待が再燃。長期金利上昇に伴うドル買いが再燃した。株高に連れてリスク選好の円売りも強まった。ユーロ・ドルは1.1760ドルから1.1804ドルまで上昇して引けた。欧州中央銀行(ECB)定…