3日のニューヨーク外為市場でドル・円は109円52銭から108円90銭まで下落して、引けた。米4月ISM製造業景況指数が3月から上昇予想に反して低下したため米国債相場が上昇。長期金利低下に伴うドル売りに拍車がかかった。ユーロ・ドルは1.2040ドルから1.2076ドルまで上昇して、引けた。予想を下回ったものの依然高水準となっ…