22日のニューヨーク外為市場でドル・円は105円52銭から104円98銭まで下落して引けた。対欧州通貨での動きに連れてドル売りが優勢となった。ユーロ・ドルは1.2130ドルから1.2169ドルまで上昇して引けた。ドイツの2月IFO景況感指数が予想を上回り10月来で最高となったことを好感したユーロ買いが継続。ユーロ・円は128円13…