23日のニューヨーク外為市場でドル・円は114円84銭から115円10銭まで上昇し引けた。パウエルFRB議長の再任を受けて2022年の利上げ確率が上昇、債券利回りの上昇に伴うドル買いが一段と強まった。ユーロ・ドルは1.1240ドルから1.1271ドルまで上昇し引けた。ドイツ、ユーロ圏11月マークイット製造業PMI速報値が予想を上回り…