29日のニューヨーク外為市場でドル・円は104円20銭から104円73銭まで上昇して引けた。米7-9月期GDP速報値が予想以上の回復を示し過去最大の伸びを記録したほか、米週次新規失業保険申請件数が予想以上に減少したため回復期待が強まった。さらに低調な7年債入札で米国債利回りが上昇しドル買いに拍車がかかった。ユーロ・…