13日のニューヨーク外為市場でドル・円は105円46銭から105円63銭まで強含んで引けた。中国の経済指標の改善や国際通貨基金(IMF)の2020年世界経済見通し改善を好感し堅調に推移したが、追加経済対策や新型ウイルスワクチンへの期待が後退し株安に連れたリスク回避の円買いに上値も抑制された。ユーロ・ドルは1.1800ドル…