ドル・円オプション市場で変動率は連日低下した。リスク警戒感が後退し、オプション売りが優勢となった。リスクリバーサルは円コールスプレッドが縮小。ドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いに比べ、円先安感に伴う円プット買いが優勢となった。■変動率・1カ月物6.56%⇒6.19%(08年10/24=31.044%)・3カ月物6.…