ドル・円オプション市場では米国の連休を控えて主に短中期物のオプション売りが目立った。1年物は変わらず。リスクリバーサルは6カ月を除いて円コールスプレッドが連日拡大。ドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いが続いた。6カ月物は変わらずだった。■変動率・1カ月物6.78 %⇒6.50%(08年10/24=31.044%)・3カ…