ドル・円オプション市場では変動率が連日低下した。レンジ相場を受けたオプション売りが優勢となった。1カ月物は1カ月半ぶり低水準。リスクリバーサルはまちまち。1カ月物でドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いが引き続き後退したが、3カ月物以降では買いが再燃した。■変動率・1カ月物6.37%⇒5.99%(08年10/24…