ドル・円オプション市場で変動率は上昇。レンジ抜けを織り込むオプション買いが優勢となった。リスクリバーサルはまちまち。短中期物では円先安感に伴う円プット買いが強まり円コールスプレッドが縮小した一方で、長期物ではドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いが続いた。■変動率・1カ月物6.22%⇒6.23%(08年10…