弱い豪小売などを受けた豪ドル売りは一巡。対ドルで0.7290ドルを下値に、欧州株や時間外のダウ先物の堅調な推移がリスク回避姿勢の後退につながり0.7320ドルまで戻した。豪ドル円も80.09円まで下落後、米10年債利回りが上昇に転じたことを受けてドル円が110円台に乗せたこともあり、80.60円まで豪ドル高・円安となった。