豪ドルは売り優勢。先ほどからロウ豪準備銀行(RBA)の講演内容が伝わっているが、「インフレが3%を一時的に超えることに問題はない」と過度なインフレ上昇を許容する発言も重しとなり、対ドルで0.7348米ドル、対円で80.88円まで下落した。