17日のアジア市場で豪ドル・円は反落。本日発表された8月雇用統計は予想を上回る内容だったことから、リスク選好的な豪ドル買い・円売りが観測されたが、アジア諸国の株安を嫌って対円レートは急速に伸び悩んだ。豪ドル・円は76円79銭まで買われた後、76円23銭まで反落。ユーロ・円は上げ渋り。朝方に124円09銭まで買われ…