16日のアジア市場で豪ドル・円は下げ渋り。一時76円74銭まで下げたが、米国金利の先高観は後退していることから、豪ドル売りは一服し、77円10銭まで戻した。ただ、その後は77円を挟んだ水準でのもみ合いが続いた。ユーロ・円は伸び悩み。朝方に124円93銭まで買われたものの、まもなく伸び悩み、124円53銭まで下げる場面が…