11日の豪ドル・円は、伸び悩み。朝方に80円68銭まで買われたが、ユーロ売り・米ドル買いが増えたことから、対円レートは反落し、一時80円15銭まで下落する場面があった。その後は、やや下げ渋り、80円30銭を挟んだ水準で推移している。ユーロ・円は弱含み。127円09銭から126円56銭まで下落。