米8月消費者物価指数(CPI)の発表を受けてドルは弱含み、ドル円は109.93円まで下押しし、ユーロドルが1.1841ドルまで上値を伸ばした。ポンドドルも1.3902ドルまで買われている。 先ほど発表された8月米CPIは前年比総合が+5.3%と予想に沿った結果だったが、同コアが+4.0%と予想+4.2%を下回った。