米商務省が発表した8月個人所得は前月比−2.7%と、7月+0.5%から再びマイナスに転じた。政府の失業保険補助が失効したためと見られる。一方で、個人消費支出(PCE)は前月比+1.0%と伸びは7月+1.5%から鈍化したものの予想を上回り4カ月連続でプラスとなった。貯蓄率・可処分所得は14.1%。政府が国民に直接資金を供…