米国の労働省はワシントンで4日に最新5月雇用統計を発表する。エコノミストの平均予想で、失業率は5.8%と4月の6.1%からさらに低下する見通し。非農業部門雇用者数は67.4万人増と、4月の26.6万人増から伸びが再び拡大するとみられている。先行指標の中で雇用統計と最も相関関係が強いとされる民間の雇用者数を示すADP雇…