11日の欧州外国為替市場でドル円は引き続き底堅い。22時時点では115.49円と20時時点(115.44円)と比べて5銭程度のドル高水準だった。欧米株価の買いは一服し、米長期金利は動意が薄いが、ドル円の地合いは強いままだった。この後予定されているパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の公聴会でのタカ派発言を期待した先取…