16日の欧州外国為替市場でドル円は一段安。22時時点では104.88円と20時時点(105.03円)と比べて15銭程度のドル安水準だった。今晩に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表やパウエルFRB議長の記者会見を控え、ハト派的な声明への警戒感でドル売りが先行し105.00円まで下押した後は、いったん105.15円近辺まで持ち直し…