15日の欧州外国為替市場でドル円は下値模索の動き。22時時点では105.41円と20時時点(105.60円)と比べて19銭程度のドル安水準だった。9月米ニューヨーク連銀製造業景気指数は+17.0と市場予想や前月を大きく上回る結果となったが、ドル売りの流れは変わらず、8月31日以来の安値となる105.39円まで下押した。今日から明日…