12日の欧州外国為替市場でユーロ円は弱含み。20時時点では124.45円と17時時点(124.75円)と比べて30銭程度のユーロ安水準だった。米経済対策法案の不透明感、アルメニア・アゼルバイジャンの紛争、ブレグジット交渉の先行き懸念など、リスク要因が目立つなか、欧米株価指数が失速するとリスク回避の円高が進行。ユーロ円…